所有発電所のご案内POWER-STATION

大型太陽光発電所 設置までの流れ

弊社では昨年より計画しておりました、自社の500KW太陽光発電所(野立て設置)を2013年5月2日より運転開始いたしました。
設置にあたり様々なことがありましたが、その経験が今後太陽光発電所の建設に役に立つ事とおもっております。今後いろんな方々にご覧頂ければ幸いです。

1.土地の選定

地域の不動産、会社、デベロッパーなどより情報提供を受け土地を取得

2.建物解体作業

豚舎跡地の建物を解体

3.土地造成 架台製作

豚舎跡地の建物を解体

4.架台設置

太陽電池モジュールの取付け架台を設置

5.太陽光発電パネル設置工事

太陽電池モジュールの取付け、電気設備の設置・配線工事

6.完成

太陽電池設置完了
パワーコンディショナーの収納箱(30℃を保つための空冷用設備搭載)、変圧器(キュービクル)


パワーコンディショナーの収納箱


キュービクル(右側)

稼動前の発電シミュレーション


※赤文字は稼動後の実際の発電数値

稼動後の発電量

売電による中部電力からのお支払い連絡表

5月(5/2~5/11)
稼動開始10日間で106,2万円
びっくり

計量日数  10日間
受給電力量 25,299kwh
売電金額  1,062,558円

6月(5/12~6/11)
5月の発電量継続で納得
ひと安心

計量日数  31日間
受給電力量  75,385kwh
売電金額  3,166,170円

7月(6/12~7/11)
今年の梅雨は雨が多かったため、
発電量が少なかった
少しがっかり

計量日数  30日間
受給電力量 41,682kwh
売電金額  1,750,644円